障がい者福祉、児童福祉、高齢者福祉をはじめとする社会福祉、介護支援を行なっています。

CSRへの対応



CSR実績

CSR、ISO26000への心構えと当NPOの理念

当NPO法人は企業様がご検討なされているCSR活動、ISO26000を積極的に受け入れる体制を整えております。

当NPO法人は2002年8月より知的障がい児(者)、身体障がい児(者)、精神障がい者を中心に高齢者、乳幼児、および児童・生徒に対し、利用者本人やそのご家族の社会的自立を促すための生活支援等を行うことによって、障がい者福祉、児童福祉、高齢者福祉をはじめとする社会福祉に寄与することを目的として活動してまいりました。

また、「ひと」と接することが多い市街地にあえて施設を構えることにより。
【人と接することで、本人の「生きる力を伸ばして」もらいたい】

【周囲の人々には、「よく分からない(無知)から生じる差別意識」を普段の支援の中で 少しずつ「彼ら」の存在を知らせていきたい】

【「ああ、こういう人もいるんだ」と気づいてほしい】
【それぞれの生活の「接点」を増やしていきたい】
【「特別な意識を持たなくても一緒に生活できるんだ」と気づいてほしい】

をモットーに社会全体を視野にいれた活動を進めております。

CSR、ISO26000支援の必要性

昨今の経済情勢に追い打ちをかけるような未曾有の天災によって、国を始めとした公共機関からの援助・助成は言うまでもなく減少の方向にあります。
また、あくまでも市街地での活動を進めたい当NPO法人にとって、介護保険や障害者自立支援法などの公的なサービスの代価だけでは充分な活動が出来なくなりつつあります。

現在、崇高な理念をもったボランティアの方や薄給で長時間働いてくださるスタッフに支えられて、ぎりぎりのサービスを行なっているのが現状です。
しかし、

・サービス利用者への十分なサービスと負担軽減。
・スタッフが安心して働ける職場作り。
・ボランティアの方がこの仕事を天職と思える環境。
・スタッフへのよりステップアップした教育。
を叶えるためには企業様からのご支援を頂くしか方法がないのが現状です。
そこで、地域へのCSR支援をお考えの企業様におかれましては率先して当NPO法人へのCSR支援をご検討いただきたいと存じます。

スポンサーメリット(CSR事業を行う上での企業メリット)

ご支援頂く企業様へのメリットといたしまして

・使用送迎車、並びにスタッフ着用の制服(ジャンパー)等への企業ロゴの宣伝の表示。

・当WEBページよりご支援頂いた企業様WEBサイトへのバナーリンク

・支援金(スポンサー料)等の金銭でのご支援の場合、その使用履歴と決算書の公示(WENサイトにて)。

・企業様がCSR事業として当NPO法人名並びに代表者名の使用。


を主なスポンサーメリットとさせていただいております。(支援内容によって異なります)
CSR事業のアピールを十分することが出来る支援先として努力しております。

朝日生命保険相互会社


SEIYA FUJIKURA Home page

支援企業様


NPO法人 セサミ
〒374-0065
群馬県館林市西本町7−21
TEL:0276-74-1331
FAX:0276-74-1331